トップ > 速読とは > 速読とは

速読とは

メディアの形態や時代の要求に応じて、読書は変化しつづけている。時代に応じて様々な形に変化するメディアに対応するために、その時々の局面にあわせいくつかの読み方を切り替える技術を身につける必要があるという要請から、速読の技術が開発されている。

日本では1981年に速読ブームが起こり、キム式の“写真記憶”がテレビで実演された。しかし本を瞬間的に見て、写真と同じように脳の中に鮮明に記憶できる能力を身につけた人はほとんどいなかった。加えて、上記のようなイメージ中心の速読では、抽象的な内容の哲学書や、理論的に記述された学術文書を読むことは困難である。これではキーとなる重要な抽象語句の正確な把握ができない。実用的な速読のためには、インプットのための読書力向上が不可欠である。

いくつか速読の方法論があり、かっては上記のような文字を写真記憶するなどの、強く個人の才能に依存する方法が主流であったが、徐々に科学的な訓練方法が確立されつつある。

読解のためには、文書に対応した知識が頭の中にインプットされていなければできない。読書する際、無意識のうちにインプットしてある知識の中から、内容に応じて適したものをアウトプットしている。

このプロセスの速度を上げることが出来れば、実用的な速読を習得できる。


具体的な速読の訓練方法

一定の間隔を開けた●と●の間を行き来する、2行以上まとめて読むなどの方法、パソコンや専用の機械を用いた速読訓練法等がある。

簡単に効果を実感できるものとして、以下のようなものがある。(ただし速読法はさまざまな種類があるので、これはあくまで一例である)

用意するもの

興味ある分野の本とストップウォッチ
その一
1分間にどの程度読めるか、読書速度をみる。

その二
本をパラパラとめくりながら、1分程度活字を眺める。

その三
次に1ページあたり、1秒程度の速度で眺める。こちらも1分程度。

その四
1分間にどの程度読めるか、読書速度を計る。

まとめ
これで2倍程度の読書速度に向上しているはずである。ただしこれは一時的な効果でしかない。
ここから読書速度を向上させたり、維持させるためには、更なる速読の訓練が必要である。

この記事のカテゴリーは「速読とは」です。
時代に応じて様々な形に変化するメディアに対応するために、その時々の局面にあわせいくつかの読み方を切り替える技術を身につける必要があるという要請から、速読の技術が開発されている
関連記事

速読とは

メディアの形態や時代の要求に応じて、読書は変化しつづけている。時代に応じて様々な...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「実績ありの速読ソフト」です。

この記事のカテゴリーは「あらすじで覚える速読」です。

この記事のカテゴリーは「あらすじで覚える速読」です。

この記事のカテゴリーは「あらすじで覚える速読」です。

カテゴリー
サイト内検索