トップ > 速読の限界 > 速読の限界

速読の限界

速読は決して万能の能力開発ではなく、限界もあります。それは「速読術は記憶術ではないから、一発必中で文章を記憶することはできない」ということです。今まで3回読んで憶えたものは、速読で読んでも3回読まないと憶えられません。そしてもう1点、「普通に読んで理解できなかった文章の内容は、速読で読んでもやはり理解できない」ということです。そもそも「人間が文章を読んで理解できる」ということは、読んだ文字情報に対応する知識を大脳の記憶回路の中から引き出してきてジョイントさせるということです。速読というのはこれまで記憶回路の中に蓄えてきた知識を引き出すスピードを加速する技術ですから、どう間違っても蓄えられていない知識が引き出されてくることはありえません。
 ただし、読むスピードが速くなっているので結果的に理解、記憶するまでスピードを速くすることは、むろん可能です。速読は、その人の知識レベルに対応した文字情報の世界においては、その能力を無限に発揮していけるツールであるといえます。

速く読めるということは多くの情報を的確に効率的に処理することにつながります。

速読はストレスを軽減します。速読は「これまでとまったく同じ理解度、内容の把握度で読んでいるのに必要とする時間が短い」という状態を作り出します。速読を習得すると、これまでと同じペースで仕事しているつもりでも、実際は以前に比べ仕事がはかどっているという状態をひんぱんに経験するようになります。ですから本人はまったくストレスを自覚せず、仕事の量の割には精神的な疲労を感じません。

この記事のカテゴリーは「速読の限界」です。
速読は決して万能の能力開発ではなく、限界もあります。それは「速読術は記憶術ではないから、一発必中で文章を記憶することはできない」ということです。
関連記事

速読の限界

速読は決して万能の能力開発ではなく、限界もあります。それは「速読術は記憶術ではな...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「実績ありの速読ソフト」です。

この記事のカテゴリーは「あらすじで覚える速読」です。

この記事のカテゴリーは「あらすじで覚える速読」です。

この記事のカテゴリーは「あらすじで覚える速読」です。

カテゴリー
サイト内検索